効率の良い手順がキモ!!『ネイリスト検定2級の時間配分・手順』

manicure マニキュア ネイル ネイリスト 用語 辞典

ネイリスト検定2級はいよいよリペア技術である、チップラップが入ってきます。そのため、効率よく進めていかなければタイムオーバーになって不合格になってしまうこともあります、なので、しっかりと手順をマスターしてタイムオーバーを避けるようにしてくださいね。

 

ネイリスト検定2級の試験概要の確認

前半35分 ネイルケア

後半55分 チップラップ・カラーリング・ネイルアート

前半(35分)ネイルケア

前半のネイルケアは3級と同様なので、ニッパーの正しい使い方など細かい部分に気をつけることが重要になります。

後半55分  カラーリング・チップラップ・ネイルアート

後半ではネイルアートに入るまでのチップラップとカラーリングは同時進行をしながら進めていくことで効率よく行うことができます。

また後半からも手指消毒からのスタートになるため、必ず忘れないように心がけてくださいね。

ネイリスト検定2級の時間配分

チップラップ側の指は削る時にダストがでるため、チップラップが完成しない限り、カラーリングを進めることができません。

そのため、チップラップを行いながら、グルーやアクティベーターで硬化を待っている時に、反対の手のカラーリングを行なっていきます。または、チップラップを先に素早く完成させるかのどちらかの手順になります。

後半(55分)チップラップ・カラーリング・アートの時間配分

チップラップ・・・18分 

カラーリング・・・20分

アート・・・6分

ネイリストアドバイザー
時間を目一杯に使った時間配分ではなく、10分の余裕ができるように時間配分を設定すると、スピード力がつくようになります。

ネイリスト検定2級後半の手順

両手消毒

1、消毒

右手 チップラップを進める

2、チップラップをする爪をサンディングして短くする

3、プレプライマーを塗る

4、チップにグルーをつけ、爪に貼る

5、チップを5ミリ程度に切る

6、チップと爪の段差をグルーで埋めるアクティベーターをかける(この時しっかり段差埋める)

左手 カラーリングを進める

7、左手の油分除去、プレプライマーを塗る

8、ベースコートを塗る(右手のグルーが乾いていなければそのままカラーリング)

右手 チップラップを進める

9、右手に戻り、チップとグルーをサンディング

10、シルクを貼り、グルーを塗る(この時はアクティベーターかけない、※白く曇る場合あるので)

左手 カラーリングを進める

カラーリングをする(アートをする爪を先に塗っておくと乾いてアートがしやすくなります。)

 
右手 チップラップ完成!カラーリングに入る

11、余分なシルクを削りラウンドに整える

12、レジンを全体に塗る→アクティベーター

13、もう一度レジン→アクティベーター

14、表面を削り、磨いて仕上げる

15、ガーゼでチップラップの手をふく

16、油分除去→プレプライマー→ベースコート→カラーリング1度塗り

左手 アートに入る

17、アートをする(7分で描けるようにしましょう!)

右手 カラーリング

18、カラーリング2度塗り目

左手 トップコート

19、アートの爪以外トップコートを塗る

右手 トップコート

20、トップコート塗る

左手 アートのトップコート

21、最後にアートの爪にトップコート

アドバイス

ネイリスト検定2級は手際よく行うことができないと、タイムオーバーになり不合格になってしまう人も出てきてしまいます。上記の手順はあくまで一例で、当日は臨機応変に帝王する力が必要になってきます、そのため、『待つ時間』があったら反対の手を進めるように行うとスムーズに対応できるようになると思います。

ネイリストアドバイザー
2級からはとにかく工程を徹底的に体に覚えさせて、どんなことがあっても対応できるようにしといてくださいね!
ゆうこ
技術が増えると進行の仕方も考える必要があるんですね、サロンワークの勉強と思って頑張ります!

学んだこと資料として手元に置いて確実にインプット♪ 『ラウンドを削る時のポイントをマスターしよう!!①』

どんなに色々なことを学んでも、いざ実践の時に活かせなくては意味がありません。今回の内容をまとめた資料をダウンロードできます。
メールアドレス:

関連する記事